So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

今村夏子 星の子 [作者あ行]


星の子

星の子

  • 作者: 今村夏子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/06/07
  • メディア: 単行本


ストーリーは主人公・林ちひろは中学3年生。
出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、
両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、
その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。
前作『あひる』が芥川賞候補となった著者の新たなる代表作。


アメトーク読書芸人の光浦さんの読んだ本で
紹介されていたので手に取りました。

新興宗教を信じる両親の元に育っているちひろ。
宗教を信じてみたことが無いので
信じるということがどうゆうことなのかよく分からないですが、
子供の頃だとこんな風にぼんやりとした存在なのかなと思ってしまいました。


幼い頃には分からなかった他の家庭との違いが
成長するにつれて子供もある程度理解をしつつも、
宗教というものを信じていないことがあったりして、
それが思春期の時期を重なると複雑な心境になるのだなと思いました。

ちひろの唯一の楽しみだった絵を描くことも、
初恋があったことも両親が宗教に入っていたことが
少し関係していたのでこれが
一瞬にして儚くも消えてしまったことが少し可哀想で
切ない思いがしました。

ラストには親子一緒に肩を並べて夜空を見て
一見ほのぼのとした温かい光景のような気もしましたが、
この後の親子関係はどうなってしまうのだろうかという
不穏な余韻を残しています。
このような環境で育っていた子供はいずれは
両親と同じように宗教を信じることになるのか、
それともちひろの場合は違う人生を歩むのかが知りたくなります。

芥川賞候補作ですが特に難しくて読みにくい訳でもなく、
変に凝った作風ではなくてサクサクと読めました。
といっても感想を書くには難しい作品でした。

今村さんの作品は初めてですが、
これをきっかけに他の作品も読んでみたいと思える作品でもありました。
nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -
メッセージを送る