So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

佐藤正午 月の満ち欠け [作者さ行]


月の満ち欠け 第157回直木賞受賞

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞



ストーリーはあたしは、月のように死んで、生まれ変わる
──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?
三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、
その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。
この数奇なる愛の軌跡よ!
さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

直木賞受賞作ということで手に取りました。
瑠璃という女性の生まれ変わりが三人の男性が人生を通して、
過去と未来に交錯して甦るという何処かにありそうな
展開だと思いますが、
生まれ変わりの作品では大概が一人の女性が一回くらいの
生まれ変わりかと思います。
それが三人となっているので、
途中でどの人物がどの生まれ変わりなのかなど
登場人物が多くなっていので頭がこんがらがりそうになりました。

けれどいつの時でも生まれ変わりの女性の心は
その男性を想う気持ちの重さがかかわっているなと思いました。
どこか女性が恋愛や愛情に対して引け目を思っていた心が、
この世から去ってしまってもいつまでも相手を思い続けること。
月が欠けたり満ち足りするように、
生まれ変わったり、想いつづけたりと。

よく子供の頃に前世の記憶があったり、
お腹の中にいた頃の事を覚えていたりという説はありますが、
それは途中で消えてしまうものですが、
この場合は想いが強くて次々と生まれ変わっても
想いを伝えていくというのが凄い想いの念かと思いました。
それと同時にこの女性の想いというのは
なんとなく理解出来るような気がするので
それがまた切ない想いでもある気がしました。

前半はあまりストーリーの展開が無いですが、
中盤から伏線のように色々なことが分かってくるので
それを読むページの手が止まらなく、
最後まで一気に読んでしまいました。

このような生まれ変わりと結婚までの経緯を考えると
自分の今までの半生、そして特に結婚に関しては偶然とは
言い難いものが自分にもあるような気がして
何か前世のようなものも少し考えてしまいました。

ラストは想像しなかった展開でちょっと
泣かせる台詞でぐっときてしまいました。
これだけ愛されていれば女性としては本望かもしれないです。
この生まれ変わりが達成された場合はどうなってしまうのかという
その後も何だか知りたい気になりました。

人を想う一途な気持ちが純粋に綺麗に描かれていると思いました。
一つ間違うとこの一途な思いが怨念などのホラー小説にも
なり兼ねないですがそうではない品の良さのようなものが
文章の中から伝わっていて読んだ後もじわじわと余韻が残り
とても素敵な作品でした。

読んだことのない作家さんだったので
この作品をきっかけに他の作品も読んでみたくなりました。

nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -
メッセージを送る