So-net無料ブログ作成

伊坂幸太郎 オーデュボンの祈り [作者あ行]


オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 文庫


ストーリーは主人公の伊藤がコンビニ強盗に失敗し、
気付くと見知らぬ島に辿り着いていた。
江戸時代から外界から鎖国している荻島には、妙な人間ばかりが住んでいる。
人語を操り未来が見えるというカカシが伊藤が来た翌日に無残に殺されてしまう。
未来を見通せるカカシは何故、自分の死を阻止出来なかったのか・・・
というミステリー小説。

伊坂さんの作品は以前チルドレンを読んだ事があるので、
オーデュボンの祈りは、伊坂さんを知る為にはこの本を読むと
良いというので今回読んでみました。

この作品では現実離れした事ばかりなので予測不可能でした。
大概のミステリー小説は犯人が読んでいれば分かるのですが。
伊藤が辿り着いた島には、嘘ばかりしか言わない画家、詩集を読む人殺しの男、
地面に耳をつけて音を聞く少女などおかしな人ばかり。
そして未来を見通せるカカシ(案山子)という不思議な存在。

でもこのカカシを通して伊藤やその仲間達は所々で良い言葉を言っています。
 人間ってのは失わないと、ことの大きさに気がつかない。

 親に愛情をもらっていないガキは、ロクな人間にはならない。

 人が人を裁けると思うのか。

などと生きていく上で大切な事を教えてくれます。
そして所々で伊藤のお祖母ちゃんの言葉が出てきたりして、
それがまた伊藤の心理を動かさせていたりしています。
きっとお祖母ちゃんの事を好きだったんだなと思います。
そうでないと苦しい時などこんなに出てこないと思うので。

カカシは何故、自分の死を阻止出来なかったのかという謎解きも面白いですが、
登場人物の過去のエピソードや秘密などを探るのも面白いところです。

とにかく思いもよらない展開で伊坂ワールド満載です。
伊坂さんは仙台出身ですが、他の作品でもそうでしたがよく作品の中でも
仙台が登場します。今回も登場していました。
地元愛が深いのかもしれないですね。

伊坂さんと言えば今は『重力ピエロ』でもお馴染みで、
注目されている作家さんです。
これからの作品も楽しみです。


HPのYuimiko's MemoriesのGalleryにも本の紹介をしているので、
そしちらも良かったら見てみて下さい。
http://happy1996.web.fc2.com/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る