So-net無料ブログ作成

蛇蔵&海野凪子 日本人の知らない日本語 [作者は行]


日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語

  • 作者: 蛇蔵&海野凪子
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


原案は日本語学校で日本語の教師をしている海野凪子さんです。
構成・漫画は蛇蔵さんの二人で書かれているものです。

第一章 外国人の素朴な疑問は超疑問
第ニ章 そんな日本語使いません
第三章 間違いな敬語
第四章 トコロかわれば
第五章 白ざれる仮名の過去
第六章 世界の数字
第七章 そうだったんだ!日本語
第八章 日本のルール
第九章 日本語学校について
第十章 日本いいクニ
となっています。

日本人でも外国人に日本の事を聞かれたら、
私も相当困ることばかりが掲載されていました。
特にに日本語学校の生徒さん達の質問は、
語学を勉強されてきているので余計に難しい問題を聞かれるそうで
先生もたじたじだそうです。

私もこの本で知らないことばかりの事が学べたので、とても勉強になりました。
例えば、おたまの由来はおたまじゃくに似ているから。
では「じゃくし」とは何だろうということになると・・・
杓子はしゃもじの元々の名。
けれど室町時代の宮中では「もじ」というのがブームになり、
杓子はしゃもじになり、かつらはかもじ、
ゆかたはゆもじ、惚の字がひもじい・・・などとなり庶民に江戸時代なって広まったそう。

外国人の中には普通の日本語で覚えたばかりではなく、
アニメ、映画など色々な手段で覚えた方がいます。
特にこの学校の中の生徒さんの中で任侠映画いわゆるヤ○ザ映画で日本語を覚えた
フランス人のマダムには言葉には笑えてしまいました。
綺麗なマダムなのに自己紹介で「おひかえなすって!!」や
「てめぇ シカトすんな」などと連発なのです。
文法は間違いないのですが普通では使わないので直すのが大変みたいです。
任侠用語は意外にも日常に使われています。
シカト 元は花札の鹿の絵が(十点)がそっぽを向いているからだそうです。
ピカイチ 花札の中に一枚だけある「光物」という点の高い札のことなどあるそうです。

正しい敬語では日本人の私でも危うい言葉が沢山あり、
間違って使われているものが多いことに気付かされました。
特にバイト敬語はおかしなものが多いので先生も苦労しているそうです。
「頑張って下さい」は目上の方には相応しくないので、
「お疲れの出ませんように」というのが良いそうです。

言葉ではないのですが、テストで正解にマルをつけるのが日本ならば普通ですが、
正解にチェックをつける国の方が多いというのは驚きました。
ゲームのコントローラーも米国版では逆だそうです。

一番驚いたのが一般的に使われている標準語の由来です。
江戸時代は芸者さんが使っていた言葉だそうです。
武士は「~でござる」、商人は「~でございます」、庶民は「~だ」でしたが、
それが明治の初期に地方から来た田舎武士が遊里の言葉を覚えて、
「です」が標準語だと勘違いして広まり本当に標準語になったそうです。
上品な言葉使いの「~ザマス」も元々はおいらんの言葉だったそうです。
スネオのママは昔だったらおいらんってことに?

他にも日本語の使い方や疑問、日本人も知らなかった日本語が
掲載されていていますが、コミックで描かれているのでとても分かりやすいです。
凪子先生のこぼれ話も間に挟み、日本語検定も所々にあります。
日本語検定が意外にも難しいです。

日本人なのに知らない事だらけで、
日本語は難しい事に改めて気付かされた一冊でした。

敬語の指針については文化庁のHPで読むことが出来るので、
興味のある方は読んでみて下さい。文化庁 HP


HPのYuimiko's MemoriesのGalleryにも本の紹介をしているので、
そしちらも良かったら見てみて下さい。
http://happy1996.web.fc2.com/
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

いー

(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン日本語難しいよねぇ
でも1文字にもいろんな歴史があってそれって大切にしたいなって思う今日この頃、地方には昔からの名残でつけられた名前の土地とかがいっぱいあったのに合併で1区2区とか何の意味合いもない地名になっちゃったり
ε= (´∞` ) ハァー
だんだんつまらない国に化していく気がします
なんで日本人は周りばかり気にして自分を持たないんでしょうね
悲しいです
日本語ゆっくり勉強したいなぁ~(lll〃⌒ー⌒〃lll)ウン!
by いー (2009-07-11 23:40) 

yumi

いーさんへ
地名がどんどんと変わるのは寂しいですね。
私の地元も合併でかなりの大きさになりました。
日本語は奥が深いので色々と知りたいです。(^ー^* )フフ♪
by yumi (2009-07-14 12:27) 

NO NAME

私は来日17年の中国人です。先生の「日本人の知らない日本語」を読みました。とても勉強になりました。しかし、第7章の「鳩と蚊と鴉と猫の共通点」は、「鳴き声」と書いてありますが、この点について、先生と検討したいので、コメントを書きました。
「鳩」は中国語の発音がjiu、九の発音と同じです。「鳩」は鳩類の鳥の総称です。つまり、鳥に九(jiu)です。
「蚊」の中国語の発音が(wen)、つまり、虫に文(wen)です。
「鴉」の中国語の発音が(ya)、つまり、鳥に牙(ya)です。
「猫」の中国語の発音が(mao)、つまり、けものへんに苗(miao)です。
この四つの漢字の共通点は意味を表す偏に発音を表す部分の組み合わせです。中国人の小学生たちがこの風に教われました。もし、この四つの漢字が中国から日本に伝われてきたものならば、「鳴き声」という共通点は偶然ではないかと思われますが。いかがでしょうか。
by NO NAME (2009-07-15 11:12) 

yumi

コメントを書いて下さった方へ
中国語が全然分からないので私からは何とも言えないですが、
中国の方がおっしゃるのならそうだと思います。
動物の鳴き声はそれ程変わらないですよね。
専門的な事が書けないので申し訳ないですが、
先生に相談されても良いと思います。
by yumi (2009-07-15 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る