So-net無料ブログ作成

恩田陸 蜜蜂と遠雷 [作者あ行]


蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本


ストーリーは俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」
ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。
かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇し
CDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、
長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。
音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。
完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される
名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

こんなにも分厚い本だったので読むのが少し手強かったので
購入してから暫くしてから読み始めました。
けれど読み始めてからはどんどんとのめり込み
飽きることなく読めたので吃驚です。
これで分厚い本もトライしてみようかと思えました。

曲の音色やテンポなどを物語のように描いたり、
宇宙のように描いたりと様々に表現されていて
音楽をこんなにも細かく表現するのに驚かされました。
音楽の時間にこんな表現をしてくれたら
また音楽の楽しみ方も違うかなとも思いました。

ピアノコンクールを舞台にした作品というのは
今までに読んだことがなかったのでとても新鮮で、
一人の主人公だけでなくコンクールの出場者、審査員、
恩師、マネージャーなどと主人公を中心とした周りの人達からの
視点も書かれているので登場人物の多さがまるで
パノラマを見ているかのようでした。
そしてコンクールという特別な空間での緊迫感、臨場感などが
とてもよく伝わりピアノの音色が恋しくなりました。

コーンクールの曲や音色はどんな曲はリストに載っていても
知っている曲は殆ど無いので曲調なんて本を読んでいるのだから
耳では聞くことは出来ていないはずなのに、
どこからか曲が聞こえてきそうなほどリズム感や流れなどが
躍動感があって聞こえているようでした。
本を読むのを途中でやめると曲まで途中でやんでしまったり、
流れが止まってしまいそうな気がしてページをめくる手が止まりませんでした。

昔、「曲は流れて止まらない」というのを教えてもらったことがあります。
まさにこの作品は流れることを知らない音楽そのものを
表している作品で音楽は本当に良いものだというのを教えてくれました。
これだけ細かい設定がなされていて、
場面展開もテンポが良いので、映像化をしても面白いかと思いました。

クラッシックやピアノがそれ程分からなかったり、
好きでもなかったりしてもこの作品を読んだら
すぐに好きになったり聞きたくなりそうな気がします。

直木賞受賞と本屋大賞のW受賞に相応しい作品だと思うのでお勧めな一冊です。
ピアノの曲を聴きながら読むのもよりお勧めだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る