So-net無料ブログ作成

恩田陸 蜜蜂と遠雷 [作者あ行]


蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本


ストーリーは俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」
ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。
かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇し
CDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、
長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。
音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。
完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される
名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

こんなにも分厚い本だったので読むのが少し手強かったので
購入してから暫くしてから読み始めました。
けれど読み始めてからはどんどんとのめり込み
飽きることなく読めたので吃驚です。
これで分厚い本もトライしてみようかと思えました。

曲の音色やテンポなどを物語のように描いたり、
宇宙のように描いたりと様々に表現されていて
音楽をこんなにも細かく表現するのに驚かされました。
音楽の時間にこんな表現をしてくれたら
また音楽の楽しみ方も違うかなとも思いました。

ピアノコンクールを舞台にした作品というのは
今までに読んだことがなかったのでとても新鮮で、
一人の主人公だけでなくコンクールの出場者、審査員、
恩師、マネージャーなどと主人公を中心とした周りの人達からの
視点も書かれているので登場人物の多さがまるで
パノラマを見ているかのようでした。
そしてコンクールという特別な空間での緊迫感、臨場感などが
とてもよく伝わりピアノの音色が恋しくなりました。

コーンクールの曲や音色はどんな曲はリストに載っていても
知っている曲は殆ど無いので曲調なんて本を読んでいるのだから
耳では聞くことは出来ていないはずなのに、
どこからか曲が聞こえてきそうなほどリズム感や流れなどが
躍動感があって聞こえているようでした。
本を読むのを途中でやめると曲まで途中でやんでしまったり、
流れが止まってしまいそうな気がしてページをめくる手が止まりませんでした。

昔、「曲は流れて止まらない」というのを教えてもらったことがあります。
まさにこの作品は流れることを知らない音楽そのものを
表している作品で音楽は本当に良いものだというのを教えてくれました。
これだけ細かい設定がなされていて、
場面展開もテンポが良いので、映像化をしても面白いかと思いました。

クラッシックやピアノがそれ程分からなかったり、
好きでもなかったりしてもこの作品を読んだら
すぐに好きになったり聞きたくなりそうな気がします。

直木賞受賞と本屋大賞のW受賞に相応しい作品だと思うのでお勧めな一冊です。
ピアノの曲を聴きながら読むのもよりお勧めだと思います。


小川糸 ツバキ文具店 [作者あ行]


ツバキ文具店

ツバキ文具店

  • 作者: 小川 糸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/04/21
  • メディア: 単行本


ストーリーはラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。
鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。
伝えられなかった大切な人への想い。
あなたに代わって、お届けします。

文具屋を営む傍ら代書屋という少し特別な仕事を
先代から受け継いだ若い女性の話。
一つ一つに品があり丁寧に描けていて、
文具一つとっても古くからの歴史や謂れなどが綴られていて
これを知るだけでも学ぶことが沢山あり、
文具に対する愛着心があるのが伺われます。
手紙の書き方も常識として知っているとしても
その他にももっと深いことがあり
日本人の手紙に対する心遣いを知った気がします。

鎌倉が舞台なので鎌倉の自然と街並みなどが四季を通して楽しめました。
とても鎌倉に行きたくなり住んでみたくなりました。
そこへ家族、友人、恋人などと様々な人から
代筆の仕事を依頼されますが、その物語もまた心温まるものばかり
読んでいてうっとりとさせられ、
読んでいる時に時間がスローモーションのように感じられ、
異空間にいるようでとても穏やかな気分にさせられました。

主人公が先代から厳しく教えられた代書屋として大切な
文字のことをはじめとして所作や生活に対しての
あらゆることに対して厳しかっただろうと思いますが、
一時期の反抗はあるにしても
それをきっちりと守っていく姿もどこか芯の強さもあり
代書屋としてはとても頼り甲斐もあってとても好感が持てました。
こうゆう厳しさならば人間として素敵だなと思い、
あらゆるところで自分に対しても襟元を正す思いをさせられました。

この作品を読みながらでゆったりとした気分になり、
また丁寧に読み返したくなりました。
そして文字を大切にしたいという思いになり、
誰かに手紙を書きたくなりとても心が温まる作品でした。

大切な人に手紙を書くとしたら誰に書きますか・・・


心に響いた言葉
書き文字は、その人と共に年を重ね、老いていく。
(中略)
文字も、年齢と共に変化する。

失くしたものを追い求めるより、今、手のひらに残っているものを
大事にすればいいんだって。
誰かにおんぶをしてもらったら、今度は誰かをおんぶしてあげればいい

小川糸 犬とペンギンと私 [作者あ行]


犬とペンギンと私 (幻冬舎文庫)

犬とペンギンと私 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 小川 糸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 文庫


ストーリーは女子四人組で旅したインドでは、ヨガとカレー三昧。
仕事で訪れたパリでは、お目当てのアップルパイを求めて一人お散歩。
旅先で出会った忘れられない味と人々。
でも、やっぱり我が家が一番!
新しく家族の一員になった愛犬と〝ペンギン〟の待つ家で、パンを焼いたり、いちじくのジャムを煮たり。
毎日をご機嫌に暮らすヒントがいっぱいの日記エッセイ。

日記エッセイというのを初めて読みましたが、
やはり普通の人とは違う毎日の生活なのでとても素敵に思えました。
普段あまり気にかけていなかったことに目を配ってみたり、
少し違う視点で生活をしてみると
こんなにも暮らし方の感覚が違うのかなと思いました。
食事や料理のことがよく登場してきますが、
それがどれも美味しそうで読んでいてお腹が減ってきてしまいます。
それに付け加え小川さんの丁寧な料理と上手さ加わるので
更にお腹が減ってしまいました。

旅の事も多く書かれていましたが、インドでの旅も良かったですが、
北イタリアを拠点としたヨーロッパの旅行記はどれも憧れで
行った気分が味わえました。
ドイツの良さを一度でも味わってみたいのと同時の
ドイツの根底にある精神を日本でも取り入れられたら良いなとも思いました。

端々に小川さんの繊細さや品の良さが伝わり、
そして大事なペンギンさんとの微笑ましい光景が目に浮かび、
犬のことが本当に大好きだということが分かり
心が自然にほぐれて和ませられた作品でした。

一日を大切に丁寧に暮すというのはこうゆうことかとも思えて
こんな生活を過ごせることが憧れになりました。
暮らしの中で少しでも心にゆとりを持ちながら
好きな物に囲まれるというのが本当に理想な生活だと思います。

久しぶりに小川さんの作品を読んで心が癒されたので、
これからもまた作品を読みたいと思います。
それにはペンギンシリーズをまずは読破したいと思っています。


荻原浩 噂 [作者あ行]


噂 (新潮文庫)

噂 (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/02/28
  • メディア: 文庫


ストーリーは「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。
でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。
香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。
口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。
販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、
足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

最後の一行が衝撃のラストということを忘れて
そのまま読んでいましたが、
どこかでおや?というところあったので慌てて
またラストをじっくりと読み返したところ
じわっとした怖さがありました。

大きなトリックなどはありませんが、
ごく普通のミステリーで、
現実的にもありそうな設定なので
どんどんとストーリーに入り込めました。
タイトルの「噂」というテーマを上手く取込んでいる作品だと思います。

犯人のたった一時的な快楽のために
こんな酷い事件になってしまうというのは 恐ろしく、
読んでいてムカついてく部分があります。
あまりにも残忍なので気分を害する部分もありましたが。

荻原さんの作品は何作も読んでいますが、
ミステリーは初めて読みましたが違和感もなく
読みやすくて良かったなと思います。
どんなジャンルでもそつなく書かれてしまうのでさすがだなと思い
益々荻原さんの作品を読みたくなりました。

眠れなくなる夢十夜 阿刀田高他 [作者あ行]


眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 文庫



ストーリー
あなたにも、「忘れられない夢」がありますか。
見知らぬ橋で、いつか訪れるはずの誰かを待つ男。
父親から命を受けた幼い息子が赴く上総の海。
今際の際に現れた、思い出を食べる伝説の動物――。
100年の時を超え、夏目漱石『夢十夜』にインスパイアされた10名の人気作家が紡ぐ夢物語。
「こんな夢を見た」の名文句に始まる珠玉の10篇を編み込んだ、儚くも美しい「夢」アンソロジー。

阿刀田 高 夢一夜
あさの あつこ 厭だ厭だ
西 加奈子 小鳥
荻原 浩 長い長い石段の先
北村 薫 指
谷村志穂 こっちへおいで
野中 柊 柘榴のある風景
道尾 秀介 盲蛾
小池 真理子 翼
小路 幸也 輝子の恋
の10編

夏目漱石の『夢十夜』を読まないと分からない内容なのかと思いましたが、
読まなくてもこの本を単独に読むだけでも大丈夫でした。

本のタイトルを見るとまるでホラーや妖怪の怖い本だと想像させられましたが、
恋愛、SF、ファンタジー、ホラーなどの様々な要素を含んだ作品で
どれも夢というのを独自の世界観で表されています。

印象的だったのは『厭だ厭だ』のラストのオチに吃驚し
女性の執拗な怖さが伝わったり、
『長い長い石段の先』の父と子が同じ経験から不思議な話へ。
荻原さんらしい世界観がここにも出ていて和まされました。
『翼』の切なくも悲しい想いなどが女性らしく伝わりました。
 
野中さんと小路さんの作品は読んだこともなく知らなかったですが、
小路さんの作品は夏目漱石の書かれた時代を彷彿とさせ
レトロ感と当時の恋というのもよく表現されていたような気がします。
また思い出を食べるという発想もまた斬新だったので
他の作品も読んでみたいなと思いました。

夢ということで実際の夢から、夢のような出来事などと
夢とひとえにいってもこんな様々なテイストになって面白いかと思います。
どこかおぼろげでもやもやとしている所が共通し、
生死について語られているような気がします。
それがどこかぞくっとさせられる気もします。

このようなアンソロジーの作品を読んだのは初めてですが、
普通の小説とはまた違い、色々な作家さんを知る機会にもなり、
同じテーマで違うテイストの作品を何度も味わえるというのも良いので
たまにはこうゆう作品も読んでみたいと思いました。

荻原浩 家族写真 [作者あ行]


家族写真 (講談社文庫)

家族写真 (講談社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: 文庫


ストーリーはちっちゃい赤ん坊だった準子が嫁に行くんだぞ
――男手一つで育てた娘を嫁がせる「結婚しようよ」。
あの主人公が同年代の54歳と知って愕然とする「磯野波平を探して」。
もはや見ないふりできない肥満解消のため家族で
ダイエットに励む「肉村さん一家176kg」他。
短編の名手による、笑って泣ける7つの家族の物語。

今まで荻原さんの作品を何冊か読みましたが、
どれも感動で涙なくしては読めないものばかりでしたが、
これはほろりとさせられてそしてまたくすりとした笑いもあり
とても和める作品ばかりでした。
家族をテーマにした作品でこんなに笑えて微笑ましく思えたのは
初めてかもしれないです。

家族の親子、夫婦、兄弟などのそれぞれの絆が
またこの作品で再確認でき、中年と言われる世代を
切なくもユーモラスに描いていて
まさにこの世代の私にとっては心を鷲掴みされたような気分になりました。

一つだけ少しタイプに違う「プラスチックファミリー」は笑わせてもらいました。
一体のマネキンに遭遇してから意外な方向へと向かっていき
怪しい方向へといってしまうのかと思いきや、
一連の行動をしている心の中には過去の切ない思いが重なり
そこから生きていくことの厳しさや大切さを教えられました。

印象に残ったものは「磯野波平を探して」です。
磯野波平の年齢が54歳でフネが50歳という年齢にまず驚かされ、
それから主人公もあたふたとしながら人生というものを考える。
文中の
 あきらめちゃだめなのか?年齢を。
 若さイコール善。そうした一画的な価値観に縛られているから、
 俺たちの人生は窮屈になっているんじゃないだろうか。
 相手もいないのに憔悴に身構えしているのではないのか。
このフレーズがまさに心の的を得られた感じで
心のどこかで自分が言いたかった言葉だと思い心打たれました。

どの家族も読み終えた後には家族は良いものだと思わされ、
人生半ばだけれどまだまだ人生は捨てたものではないと思わされ、
爽快で心が温まる作品でした。

大崎梢 忘れ物が届きます [作者あ行]


忘れ物が届きます (光文社文庫)

忘れ物が届きます (光文社文庫)

  • 作者: 大崎 梢
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/08/09
  • メディア: 文庫


ストーリーは不動産会社の営業で訪れた家の主人が、
小学生の頃の自分を知っているという。
驚いた自分にその元教師が語ったのは、
なぜか二十年前に起きた拉致事件の真相を巡る推理だった。
当時の記憶が鮮やかに蘇る…(「沙羅の実」)。
長い日々を経て分かる、あの出来事の意味。
記憶を遡れば、過去の罪と後悔と、感動が訪れる。
謎が仕組まれた、極上の「記憶」を五つ届けます。

沙羅の実
君の歌
雪の糸
おとなりの
野バラの庭へ 五つの物語

過去の記憶を辿りながらミステリーをひも解いていていくというタイプですが、
ぼんやりと記憶が甦っていき謎解きも叙情的になっているので
徐々に胸に打たれる感じで、
今まで読んだミステリーとは違ってじわじわと引かれていきました。

表紙の絵からは想像できないようなストーリーですが、
過去からの記憶の忘れ物がふっと訪れていき、
心の中もタイムスリップされてミステリーのはずなのに
どこか心が温まるという心地良いミステリーでした。

この中では「沙羅の実」、「君の歌」が好きで
学生時代の青春の記憶が蘇り、ほろ苦く懐かしい気持になりました。
特に「沙羅の実」では一番初めの章だったので
ミステリーという観念が無く読んでいたのでラストになり、
どんでん返しのように話がひっくり返ったので吃驚しました。
この作品だけでなく他の作品でもミステリーの気配がなく、
そのまま犯人の解明になってしまうので
またページを戻して謎解きに戻ることが何度かありました。

「おとなりの」は割とミステリーにはありがちな展開ですが、
隣人のような行動が出来るのも感心しますが、
少年同士の固い友情にも胸を打つものがあり好きな作品です。

推理小説のような伏線があるわけでもなく、
そこから推理が始まるというのがこの本の面白い味かとも思いました。
それと文章からどことなく品の良さのようなものが漂い、
読み終わった後も心が和み余韻も味わえました。

こんな風に過去の忘れ物がふとしたところが訪れるのが
良いのか悪いのか・・・
ふと自分の人生も振り返りたくなる作品ばかりです。

大崎さんの本はこの本が初めて手に取りましたが、
他の作品も読んでみたくなるような作品ばかりだったので
引き続き読みたいと思います。

色川武大 離婚 [作者あ行]


離婚 (文春文庫)

離婚 (文春文庫)

  • 作者: 色川 武大
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/11/10
  • メディア: 文庫


ストーリーは納得ずくで離婚したのに、
ぼくはいつの間にかもと女房のところに住みついているのです
─奇妙な男と女の世界を、独特のほろ苦いユーモアで活写した直木賞受賞作

離婚という形を取っているものの、
別れてからもお互い行き来をしていて結婚していた頃よりも
お互いに気を遣い合っているという不思議な男女の関係です。
元妻は女性という性別でいけば女らしい生きものかもしれないですが、
結婚という形をとるには相応しくなかった相手なのかもしれないです。

この男性もまた他の女性を好きになりながらも、
それ程欲を出すことがなく、
女性だけでなく人生全体に対して無難に
ゆるく生きているような感じがして
良いのか悪いのか分からない雰囲気でした。

けれど遊園地という自分の理想郷のようなものが
身近にあったりして危うい気配もあったりしたので
それ程女性には苦労しないタイプなので
こんなにぼんやりとしているのかとも思えました。
このぼんやりとした感覚をもしかしたら楽しんでるのかもしれないです。

こうなると結婚という形は今も法律上だけの問題という考え方もあり、
どんな形であっても一緒にいて心地良い人であれば問題ないのかと思えました。
この作品は昭和50年代なので、
この時代に現代のような考え方が生まれるというのは先を
読んでいたのかと思えてしまいました。
離婚ということよりもむしろその先の生き方をどうするかということも
テーマであった気がします。


この本は文藝春秋が運営する本のWEBサイトのプレゼント企画で
頂いた本なので作者の事も知らず、何も情報が無かったので
先入観がなくまっさらな状態で読めました。
この場を借りてお礼を申し上げます。
どうも有り難うございました。
これをきっかけに他の作品も機会があったら読んでみたいと思います。

荻原浩 月の上の観覧車 [作者あ行]


月の上の観覧車 (新潮文庫)

月の上の観覧車 (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 文庫


ストーリーは閉園後の遊園地。
高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かって
ゆっくりと夜空を上昇していく。
いったい何のために? 去来するのは取り戻せぬ過去、
甘美な記憶、見据えるべき未来――
そして、仄かな、希望。ゴンドラが頂に到った時、男が目にしたものとは。
長い道程の果てに訪れた「一瞬の奇跡」を描く表題作のほか、
過去/現在の時間を魔術師のように操る作家が贈る、極上の八篇。

トンネル鏡
上海租界の魔術師
レシピ
金魚
チョコチップミントをダブルで
ゴミ屋敷モノクローム
胡瓜の馬
月の上の観覧車

八作品のうち六作品が四十代以上の主人公で
そろそろ人生の折り返し地点を通過している世代がターゲットになっています。
そんな年代になると日々過ごしているとふとした時に
過去の事を思い浮かびこうすれば良かったと思うことがあります。
そんな世代の人達が人生を振り返った時々のことが綴られていますが、
どの作品も普段隠れている心の隅をぎゅっと掴まれたように
どこか切なく淋しさがあり脆くも涙が出てしまいそうなものばかりでした。

主人公が女性で過去を振り返りながらも唯一未来に向かっている
作品の「レシピ」はこの中ではとても印象的で、
作者は男性なのに女性の心理をよくぞここまで把握しているなというのが
書かれていて面白く、料理と過去の男性をこのようにして
思い返しているというアイデアも面白かったです。
そして女性らしいラストの潔さに爽快でした。

歳を重ねると今までなんてことのない事だったことも
何か大きな人生の転機があると
今まで身近だった家族、夫婦、子供、友達、同級生、同僚などが
特別な存在だったということに気が付き
だからそんな時に「もしもあの時にこうしていれば」と
思うことが多くなるのかと思います。
けれど過去ばかり振り返っていても何も変わることがないので、
少しでも今までとは違う自分を取り戻して、
未来へ歩んで欲しいというメッセージもこの作品の中からは
読み取れるような気もしました。

若い方が読んだらまた違う観点からの感想になるかと思いますが、
歳を重ねたからこそこの深みのある心境が分かるかと思うので
アラフォー世代の方が読むにはまさに打ってつけの作品だと思います。
これで人生の準備としての心構えも出来るかと思います。

人生でもし何かに躓いた時に読み返してみても
今とはまた違った心境にもなると思うので、
読み返してみたい作品だとも思いました。

青木祐子 幸せ戦争 [作者あ行]


幸せ戦争 (集英社文庫)

幸せ戦争 (集英社文庫)

  • 作者: 青木 祐子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: 文庫


ストーリーは念願の一戸建てを購入した氷見家。
そこは、四軒の家が前庭を共有している場所だった。
親切な他の三家族とともに幸せな生活が始まるが……。
誰もが思い当たる「ご近所」サスペンス。

タイトルからは幸せそうなストーリーを想像していましたが、
四軒の家があるということは、
そこにまたそれぞれの家族があり
それまでの作りあげた環境でご近所付き合いが異なっていて
表と裏ではこんなに違うのかと思い驚きと共に怖い世界だと思いました。
ご近所付き合いというのはやはり主に主婦が主体となるので
四家族の主婦の視点と娘さんがこの小説では主になっていました。
大人のドタバタ劇を意外と冷静に見渡しているのは子供で、
特に娘さんというのは大人顔負けに見ているのが面白かったです。

それにしても表向きに上手く付き合っていたとしても、
これほど女性の性格が違うと
例えご近所でも親しくしていこうとすると無理がたたるのかと思いました。
ご近所付き合いというものを殆どした経験がないのですが、
この中で苦手なのは美和と朝子。
どちらも近所付き合いに敏感になりすぎて嫌な面がありますが、
美和はあまりにも強烈で近くにいたらずけずけと
入り込んできそうな感じで怖い気がしました。

女性はこれだけ強烈な性格ですが、
男性はその反対に弱腰な人が多いので、
何かいざこざがあった時などはここぞのいう時に登場して欲しいと思いました。
現実の社会でもこれは同様なことかもしれないですが。

ども家族も幸せになりたいという気持は一緒ですが、
その形はそれぞれで、
それがご近所付き合いと絡めてくると複雑になると思うので
ご近所とはいえ程々の距離感で付き合うのが一番と教えてくれた作品でした。


メッセージを送る