So-net無料ブログ作成
検索選択
作者ま行 ブログトップ
前の10件 | -

短編少女 三浦しをん、荻原 浩、中田永一他 [作者ま行]


短編少女 (集英社文庫)

短編少女 (集英社文庫)



ストーリーは人気作家が「少女」をキーワードに紡いだ短編9本を収録したアンソロジー。
少女の微妙な心情や確かな成長が感じられることはもちろん、
各作家の個性も楽しむことができる贅沢な1冊。

てっぺん信号 三浦しをん
空は今日もスカイ 荻原浩
やさしい風の道 道尾秀介
ガーデン 中島京子
宗像くんと万年筆事件 中田永一
haircut17 加藤千恵
薄荷 橋本紡
きよしこの夜 島本理生
イエスタデー 村山由佳

今人気の作家さんが少女をテーマにした
短編作品のアンソロジーということで、
どれもそれぞれに個性が出ていて、
多感で揺れ動く少女をあらゆる角度から描かれていて
少女から大人になる微妙な心理描写が楽しめました。

女子独特な世界観が幼い頃から携えていますが、
大人の女性の世界とはまた少し違い
少女らしい繊細な心の世界観を味わえて
懐かしくもあり甘酸っぱい思いでいっぱいになりました。

特に印象的だった作品は「てっぺん信号」、
「宗像くんと万年筆事件」、「きよしこの夜」、
「イエスタディズ」。

「てっぺん信号」は切ない乙女心が上手く描かれていて、
あることで知り合うきっかけとなった初老の女性。
つっけんどな口調だけれど重みのある言葉の数々。
一番の問題は、悔いのない、だれに恥じることもない生き方を
死ぬまでできるかどうかだと思うんだけど、ちがう?
こうやって若い人も歳を重ねている人かた何かを吸収して
光りのある方へ目指していくというのは良い事だなと思いました。
一つ一つの言葉が大切に綴られているようなストーリーにも感じました。

荻原浩さんの「空は今日もスカイ」は読んでいくうちに
何処かで読んだことがあるフレーズだと思って解説を見てみると、
「海の見える理髪店」の中に収録されていたものでした。
また読んでみるとリズミカルな言葉で少女らしい世界が広がっていて
幼い頃の気分が味わえました。

「宗像くんと万年筆」は小学校が舞台となって、
唯一のこの本の中ではミステリーということもあって
他の作品とは違う切り口から少女が描かれています。
宗像くんの本格的な謎解きと不思議なキャラクターにが印象的です。
そんな彼に迷いながらも手を差し伸べてくれた女の子
微妙な心が描かれているのも良かったです。

「haircut17」は17歳という何をするにても
中途半端な年齢のことに対して、
その年頃のような文体で書かれていたような気がして、
軽くもあり重くもある言葉の綴りのようでした。
ストーリーも他と比べると薄い感じで
まるでコバルト文庫を読んでいる感覚でした。

「きよしこの夜」はこの年頃でもいくら親しい友達に
でも誰にも言えないことが
更に悲しくも辛い出来事が心の中でいつまでも残って、
前に進もうとしても進めない悩める少女の心の描写が
リアルでとても切なかったです。
でも最後には苦しかった時間が終わりの兆しが見えて。
誰かに言って欲しかった言葉。
もらうのではなく、あげることで、救われることもある。
という言葉で読み手としても心が救われた思いがしました。

「イエスタデイズ」は唯一過去の回想から少女時代を振り返っています。
少女時代に誰でも身近な男の子が急にこんな風になったり、
それまで何も意識していなかったことがあることをきっかけに
男性というのことを意識してしまうという
どこかほろ苦いような経験が綴られています。
そしてそんな思いからある曲をきっかけにして
偶然の再会に遭遇することに。
ラストにはドラマチックになってこの先の展開が楽しみになってしまいました。

女性は自らのそれぞれの時代と成長過程と重ね合わせながら
アルバムをめくっていくかのように読んで楽しめるかと思います。

男性は男性とはまた違う繊細な心の移り変わりを読み取ってくれると
日頃の女性との付き合い方も少しは分かってくれるかなとも思いました。

読んだことのない作家の作品がここで読めて
けっこう気に入った作品もあったので
これをきっかけに他の作品も読んでみたくなりました。

益田ミリ 前進する日もしない日も [作者ま行]


前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)

前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)



ストーリーは着付け教室に通ったり、旅行に出かけたり、引っ越ししたり。
仕事もお金も人間関係も自分なりにやりくりできるようになった
30代後半から40歳にかけての日々。
完全に「大人」のエリアに踏み入れたけれど、
それでも時に泣きたくなることもあれば、
怒りに震える日だってある。
悲喜交々を、きらりと光る言葉で丁寧に描く共感度一二〇%のエッセイ集。

今回は30代後半から40歳にかけの
日々の暮らしをエッセイにしたものなので
あらゆるジャンルで幅広く色々な場面で楽しめました。

益田さんとは同じ世代なので共感をする所が多々あり、
自分だけでは無い共通な考え方や想いなどがあったので安心しました。

特に大人という文字が入っている章が印象的で、
後半部分の生きるということもなかなか深みのある言葉が
あって好きです。

毒舌まではいかないですが、そのギリギリ具合に砕けた感じに
書かれていて、程よくゆるさと苦さのようなものが
入り混じって何も考えずにさらりと読めるところが良いです。

エッセイも良かったですが、
その間にある大きな文字で書かれてあるひと言も好きで
ついそこだけを先に読んでしまうこともありました。

歳を重ねていくということは思い悩むこともあるけれど、
時にはゆっくりと立ち止まってみたり、
またはまだできることがあるかもしれないという希望を
持ち合わせたりしながらまた前に歩んでいくものだなとも思いました。

益田さんの十年後にまた今と同じ気持ちで
出会えたら良いなと思いました。

森絵都 みかづき [作者ま行]


みかづき

みかづき

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/09/05
  • メディア: 単行本


ストーリーは「私、学校教育が太陽だとしたら、
塾は月のような存在になると思うんです」 昭和36年。
人生を教えることに捧げた、塾教師たちの物語が始まる。
胸を打つ確かな感動。著者5年ぶり、渾身の大長編。
小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、
赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。
女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。
ベビーブームと経済成長を背景に、 塾も順調に成長してゆくが、
予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。

日本の教育の在り方、学習塾の遍歴、義務教育の歴史など
学校教育と学習塾を対比しながら様々な方面から書かれていて
とてもよく分かりました。

それと並行して女系家族を主軸とした家族の物語、
塾の経営者としての奮闘が絡み合い家族と教育に対しての
テーマが踏ふんだん盛り込まれた作品だと思いました。

特に塾の創設にあたった千明は教育ということに関して、
人生をかけたといっても過言ではない行動には度肝を抜かれます。
教育ということに関しては誰にも負けず、
誰よりも優れていたのは本当に素晴らしいことだと思います。
けれどこれに振り回されてしまった娘たちは可哀想な気もしましたが、
後々のことを見てみると子供は親の背中を見て育つとは
よく言ったものでそれぞれの個性を持ちながら
立派に大人になっていったので良かったなと思います。

人生の節目などを太陽と月のなぞえられて、
そして月の満ち欠けに例えたりしてロマンチックだと思えたり、
その一方ではとても深い意味だったりしてこの本のタイトルに
まさに相応しいと思いました。

常に何かが欠けている三日月。
教育も自分と同様、そのようなものでもあるのかもしれない。
欠けている自覚があればこそ、人は満ちよう、
満ちようと研鑽を積むのかもしれない

この言葉がとても印象的で
これでこの作品の全てを語っているかと思いました。

理想の教育を志していた作品ですが、格差社会、
シングルマザーから生まれる貧困問題などと現代の日本が
大きく抱えている社会問題にも切り込んでいたので
考えさせられることもありました。
教育を通して社会全体の在り方も問われているようでした。

教育をテーマにした作品なので初めは硬い印象がありましたが、
読み進めていくうちに登場人物がとても生き生きとしていて
時にはくすりと笑える一コマがあり、人間味がとてもあるので
テンポよく読めて読みがいのある作品だと思います。

教育に携わる方には多く読まれたら良いなと思います。

益田ミリ ちょっとそこまで旅してみよう [作者ま行]


ちょっとそこまで旅してみよう (幻冬舎文庫)

ちょっとそこまで旅してみよう (幻冬舎文庫)

  • 作者: 益田 ミリ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫


ストーリーは昨日まで知らなかった世界を、
今日のわたしは知っている――ひとりのときもあれば、
だれかと一緒のときもある。
たいてい、ちょっとそこまでという気軽さと、
いつだってどこ だって出かけられるという身軽さで。
金沢京都、スカイツリーは母と2人旅。八丈島、奈良、萩はひとり旅。
フィンランドは女友だち3人旅(気に入ったので、ひとりで再訪も)。

旅シリーズも好きなのでこちらの本を手に取りました。

今回は誰と行ったかと書かれていて、
今まで出て来なかった彼と行ったというのが
ちょっと驚きというか公言してしまって良いのかなと思って
他人事ながら心配してしまいました。
その辺は大人の事情で大丈夫になっているのかと思いますが。

今回も北から南へと全国津々浦々と旅行をされていて
羨ましいなと思うばかり。
旅行で行った所のある場所は
その頃の自分の思い出と重ね合わせたりして、
時に旅行を楽しむことが出来ました。
行った所の無い場所は想像が膨らむばかりです。

特に今回はフィンランド、スウェーデンの旅は
ちょうど北欧ブームなので行ってみたい観光地です。
写真が掲載されていたのでそれを見ながら読むと
旅の気分がまた膨らみます。
普段の何気ない風景までもが観光地に見えて
それも自然のあふれる場所でもあるので
いくら見ていても飽きない場所なのだなと思いました。
そして旅の醍醐味である食事も充実していて
不満な所がないくらいに良い場所だなと思いました。

一人旅も良いですが、お母様ととの旅行もまた
良いものだなと思わせてくれます。
私はもう随分前にこれは実行できなくなってしまったので
これが親孝行の姿かなと思ったりしました。
この中でお正月に5日、お盆に5日、
一緒に旅行をしたとしても一年に会う日数は15日ほど。
わたしはこの人と、あと何日会えるんだろうかと暮れてゆく空を
見つめていたのだった。
というところがほろりとさせられてしまいました。

旅の途中でのちょっとしたコメントがまたきらりと光り、
こうやって旅という非日常と日常を行き来しながら
自分の心のバランスを取っていくのも良いなと思いました。

同じ旅はもうできない。
それをなんとなくわかっているから、
いつでも名残惜しいのだと思う心。
旅行の帰り道がこんなに切なく思うのは
小さい頃からあるのは同じですが、
それが歳を重ねると共にさらに強い思いになっていくのは
みんな同じんなんだと思ってしまいました。

気軽に読めてほっと出来る本なので
また心が疲れた時にでも読んで心の旅をしてみたいと思う作品でした。


村山早紀 桜風堂ものがたり [作者ま行]


桜風堂ものがたり

桜風堂ものがたり



村山さんの作品は初めてで本屋大賞にノミネートされたので手に取りました。
ゆっくりと時間が過ぎていくような感覚で
読んでいてとても心が穏やかになり心が温まりました。

この作品に出てくる登場人物はどの人も心の優しい持ち主で
誰にもキラリと光る物を持っていて、
これだけの登場人物がいるので一人くらいは憎らしい人が
いてもおかしくはないのですがそう思える人がいないというのも
またこの作品の良さで温かみが更にあるのかと思いました。

中でも同じアパートの隣に住んでいた老人の言葉が印象的で好きです。
 生きることをあきらめるな、幸せになることを。
 前に進むことをあきらめたら、人間その場で腐っていくだけ。(中略)
 希望を持て。夢と憧れを忘れちゃいけない。
 動け。前に進むんだ。闇雲に進んだっていい。
 景色が変われば、見えてくるものも変わる。
 迷いながらでも、光が指す場所に、向かっていくんだよ。
 そうすればいつか、波の果てに陸が見える

現在の全国的に抱えている書店の悩みが切実に描かれていたり、
書店員の仕事、本に携わる人々の事が事細かく描かれていたので
書店が好きで本が好きな私にとっては
とても楽しく味わうことができました。
そして本を作り上げる人々達がどれほど本に対する愛情が
込められているかということが分かり、
これからはなるべく書店で本を購入しようかと思わされました。

主人公の一整はただ本が好きというだけではなく、
悲しく辛い過去を背負ってどこか影のあるタイプの青年。
どことなくお人よしだけれど、
自分なりに地道に出来る事を成し遂げていき
前向きに歩いていく姿は好感が持て本当に影で支えたくなります。
こうゆう人物だからこそ周りの皆も一丸となって
一つの目標を目指して頑張れたのかと思います。

作品中に出て来た団先生の『四月の魚』の内容が良いので、
現実的にこれも書籍化してくれたら良いと思いました。
 この中の地球は揺り籠のように、
 たくさんの命の思い出を抱いて、
 宇宙を巡っていく
この言葉も印象的でした。

本編の間の猫の視点で描かれたのも
猫の気持ちが素朴て可愛らしくて本編とは別に良かったです。

村山さんのこの本に込めた思いがあとがきになるので、
ここも是非読んでみて下さい。
良い本に出逢えて本当に良かったです。
この桜風堂書店、銀河堂書店も運が良ければ
他の作品で出て来るようなのでそれも気になりますが、
他の作品も読んでみたいと思います。


湊かなえ リバース [作者ま行]


リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)



ストーリーは深瀬和久は平凡なサラリーマン
自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。
そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。
ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。
深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。

湊さんには珍しく男性が主役になっています。
前半では全然事件の解決糸口が見つからなかったですが、
後半になり所々でもしやという点があり、
その点が伏線となり夢中になっていたドキドキ感が
更に増して一気に読んでしまいました。

ラストの言葉にふと落とされ
二度見してしまい、再度見直してしまいました。
この落とし方は見事でした。

カバーの表紙の写真がこれまたヒントの隠し味になっていて
凝っている作りだと思いました。

学生時代を共にした友達の過去を追っていくことで、
今まで知らなかった友人関係や学生時代の過ごし方など
様々なことが浮かび上がってきて立体的な
人物像が浮かび上がってきます。
これによって人は多面的だと思わされ、
同じ人なのにこんなにも印象が違うのかと思わされます。

主人公が大学時代に仲良くしていた友人の過去を探っていくのですが、
ちょっと人を羨ましすぎるような気がしました。
そして知人の女性もちょっと思い込みはいきずぎる所が
あるかと思いました。
誰でも自分の性格などを下げてみてしまう傾向はあるかと思いますが、
こんなにも人を順位付けてみたりしているものなのでしょうか。
多感な時期な学生ならばまだしも大人になってまで
こんな目で人を見ているなんて少し嫌な気がしました。
そして過去を遡ている時にもどんどんと卑屈になっているようで、
あまり良い気がしなかったです。
学生時代の過ごし方でこんなに人は
変わってしまうのだという思いがして怖い気がしました。

事件はとりあえず最後は解決しますが、
それよりも主人公と知人の女性はこの先どんな風にして
生きていくのかととても気になるところです。
決定的に手を下していなくてもこんな思いをさせられたら、
この主人公の場合だったら乗り越えていくことが
出来なそうな気がしてならないです。

コーヒーを飲まないのでよく知らないので分からないですが、
コーヒー通の方であればコーヒーの蘊蓄があらゆる所で
描かれているのでそれを楽しむのも面白いかと思います。

とても読みやすくミステリーとしては王道だと思うので
湊さんの作品としてまた新しい分野の一冊として
読むにはお勧めだと思います。

益田ミリ 世界は終わらない [作者ま行]


世界は終わらない (幻冬舎文庫)

世界は終わらない (幻冬舎文庫)



すーちゃんシリーズだと思って手に取ったら
書店員の土田くんの話だったので吃驚しましたが、
こつこつと真面目に働きながら自分の仕事や結婚などと
人生について考えさせられることがあり共感しながら読めました。

人生ってなんだろうとふと考えている土田くん。
誰かと何かを比べたりするのではなく
何かを探す必要がなくなってしまったら
人は本なんて読むことをしなくなったりと。
人生の意味や意義について
最後に行きついたコツコツと答え続けという考え方は
納得をしてしまいました。
そして人が本を読む意味というのを何となく知れた気がしました。

その他にも土田くんは書店員ということだけあって
本の事について多くのことを語っていて
それがまた良く益々本が好きになりそうです。
作品中に紹介されてきた何冊もの書籍も気になるので
機会があったら読んでみたいと思いました。

土田くんのようなコツコツと真面目に働き、
時には人生を考えたりとしている姿に好感を持てます。
何より本の事を沢山知り、
ラストの方での意外な言動には少し驚かせられましたが
これも愛嬌で良いかとも思いました。
何よりも自分に正直に生きているところが良いので
これからの土田君のストーリーも楽しみにしたいと思います。

気軽に読めてなおかつ読んだ後には心がほっこりと温まり、
明日からも頑張っていこうという前向きな姿になれるように
軽く後ろから押されたような気分になれた一冊でした。

益田ミリ 心がほどける小さな旅 [作者ま行]


心がほどける小さな旅 (幻冬舎文庫)

心がほどける小さな旅 (幻冬舎文庫)



春夏秋冬でぶらりと行ける旅先が書かれているので、
読んでいてこちらも心がほぐれてきました。
何か所か行った所はまたその時の思い出が甦って懐かしんだり、
行ったことのない場所はとても興味深く思い
一度はどれも訪ねてみたい場所でした。
海外旅行も良いですが、国内でこんなに身近で素敵な場所が沢山あるので
日本もまだまだ隅には置けないです。
この中で特に行ってみたい場所は山形県にある山寺と
呼ばれる宝珠山立石寺。
山の中の石段をかなり登らなければ辿り着かないお寺だそうですが、
「登らなければ味わえない感動」というのを味わってみたいです。
他にも釧路湿原、冬のきらきらうえつに乗って夕陽を見たり。
自然のみなぎるパワーを感じてみたいです。

旅先での旅行記も良いですが、
その中でふと出てくる人生語録のような言葉が
じんわりと心に沁みわたりまたこれで心も整理されます。
旅行はこんなに心をすっきりとさせ、
人間的も成長させられるものかと思い
なんだか一人旅というのをしてみたくなる気分にさせられました。

益田さんの独特なイラスト付きでエッセイを読めるので、
また心が疲れた時にでも読み返したいと思う一冊でした。

森絵都 架空の空を追う [作者ま行]


架空の球を追う (文春文庫)

架空の球を追う (文春文庫)



ストーリーは何気ない言葉に傷ついたり、
理想と現実のギャップに嫌気がさしたり、
いきなり頭をもたげてくる過剰な自意識にとまどったり…。
生きているかぎり面倒は起こるのだけれど、
それも案外わるくないと思える瞬間がある。
ふとした光景から“静かな苦笑いのひととき”を抽出した、
読むとちょっと元気になる小説集。

女性視点での「銀座か、あるいは新宿か」、「パパイヤと五家宝」、
「夏の森」、「ドバイ@建設中」、「あの角を過ぎたところに」
は共感するところがあり、思わずくすりと笑えてしまったり、
どこか清々しさや懐かしさが味わえました。
特に「銀座か、あるいは新宿か」は女性ならではのことが描かれていて
女友達って特別な存在だなと再認識させられます。
「パパイヤと五家宝」は思わず買い物に行った時には
同じような行動を取って、そして後でこの作品の事を
思い出して笑ってしまいそうです。

作品の中で海外が舞台になっているものが何作かあり
それによって少し雰囲気が変わり読んでいても
どんどんと空想が広がり面白くなっていました。
その中で「太陽のうた」というのはこれはまた海外でも
異色の雰囲気で哀しみの中でも太陽はまた昇りいつもと
変わりなく日常を送るという女性の強さが垣間見れました。

森絵都さんの作品は何冊か読んだことはありますが、
このような小説集は初めてです。
小説集というよりもさらに短いページの内容のものがあって、
これだけの描写では理解しきれない所や
もっとこの先が知りたいと思ってしまう所があったので
もう少しページが多くも良いかなとも思いました。
私の読解力の無さもありますが。

日常のある一部分を写真のように切り取ったかのような
小説集でちょっと気分転換にという時には楽しめる作品でした。

湊かなえ 山女日記 [作者ま行]


山女日記 (幻冬舎文庫)

山女日記 (幻冬舎文庫)



湊かなえさんといえばミステリー
けれどこの作品では山が舞台でも誰も人がいなくなることもなく
傷を負う人はいないです。

悩みをそれぞれ持ちながら山へ登る女性たち。
山に登ろうというきっかけは様々ですが、
山に登ることで日常から解放され、
自然からの恩恵を受け、無意識のままに心が解きほぐされ癒されていくのかと思います。
そこから新しいまた自分を見つけ目標へと向かってまた歩き出す。
一度山に登るとまた山に登りたくなるというのは
きっとこんな風に繰り返して人生と同じように歩いているのかと思えました。

それぞれの悩みを持った女性がゴールを見出した言葉が印象的です。
 どこがゴールなんてわからない。
 何がゴールなんてわからない。

 目的地は過去の中にある。
 それって、わたしにとっては、山に戻ることなんでしょうかね。

 晴れた日は誰と一緒でも楽しいんだよね。でも・・・(中略)
 雨が降っても一緒にいたいと思える人であることを、誇りに思う。

 そもそも、登山に理由付けなんて必要ないのだ。
 山が好き。だから登る。それだけでいいじゃないか。

山を登るということに少し興味があったので他にも何冊か
山登りの小説などの作品を読みました。
それと比較してしまうと情景が少し乏しかったのが残念です。
けれど山に登る楽しさや山へ登る意味のようなものが十分に分かり
爽快な気分になりまた次へのスップに向かっていこうと思える作品でした。
前の10件 | - 作者ま行 ブログトップ
メッセージを送る