So-net無料ブログ作成
作者わ行 ブログトップ

渡辺和子 面倒だから、しよう [作者わ行]


面倒だから、しよう

面倒だから、しよう

  • 作者: 渡辺 和子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/12/19
  • メディア: 単行本


内容は小さなことこそ、心をこめて、ていねいに。
幸せは、いつもあなたの心が決める。
120万部突破のベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』待望の第二弾。

第1章 ていねいに生きる
第2章 幸せは、自分が決める
第3章 私が歩んで来た道
第4章 相手の気持ちを考える

『置かれた場所で咲きなさい』を読んで共感し感銘を受けたので
手に取りました。
前作で色々な事を学べてそれを日常生活でより実践的に行うためには
どうしたら良いのかと分かりやすく書かれていました。

今回も特にキリスト教を信じているわけではないですが、
宗教の枠を超えて人として根本的に大切な事が
語られてあるのでどれもすんなりと心に入り沁みわたりました。

どの言葉も素敵ですが中でも下記のものは
何度でも読み心に留めておきたいです。
 価値があるから生きるのではない。
 生きているから価値がある。

  何ができても、できなくてもいい。
  どんな人でも、生きているだけで価値がある。

 つまずくのはあたりまえ。
 つまずいたおかげで気付くものがある。

  うぬぼれていた自分を見つめ、謙虚になる機会にしよう。

 自分の感情を認めること。
 認めた上で、大ごとにしない。

  腹を立ててもいい。不安がってもいい。
  けれども、感情に振り回され、自分を見失ってはいけない。

 ふがいない自分を受け入れ、
 機嫌よく感謝を忘れずに生きる。

  若い時にできていたことが、年老いてできなくなることもある。
  それでも、今、できることに感謝する。

 ほかの人になる必要はない。
 また、他の人をあなたと同じだと思うのは大間違い。

  私たちの一人ひとりが、かけがえのない存在。
  人と比べて落ち込まなくてもいい。努力目標にしよう。

 誰がいったかではなく、何がいわれたか、
 何が問題か、に中心を置く。

  犯人探しをしていても問題は解決しない。
  冷静になり、問題の本質を見極めることが大事。

そして第4章の相手の気持ちを考えるというのは
どれも大事なことと思い、その中でものの字の哲学は
たった一文字を加えることによって、
相手の気持ちが穏やかになり
心のぬくもりを感じられることになり
とても身近に簡単にできる親切で日頃から
改めてみようと思えました。

人生の中で何か躓いたり、くじけそうになった時でも
この中の本の言葉を思い返してみると
改めて小さな事からじっくりと丁寧に、怖がらずに前を歩いていけば
必ずそこには新しい道が開けるのではないかと
思わせてくれる言葉ばかりでした。
大人になってから人の心の美しさ、人として大切なこと、
生きるということなどはなかなか学べる機会がないので
このような本があるととても勉強になります。
また何度でも読み返して心の栄養にしたいと思いました。

涌井学 世界からボクが消えたなら 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語 [作者わ行]


世界からボクが消えたなら 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語 (小学館文庫)

世界からボクが消えたなら 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語 (小学館文庫)

  • 作者: 涌井 学
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/05/07
  • メディア: 文庫


涌井学さんの『世界からボクが消えたなら 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語』を読みました。

ストーリーは世界から猫が消えたなら、
もうひとつの物語 余命わずかと宣告されたご主人さまは、
自分と同じ姿をした悪魔と取引をした。
「この世界からモノを一つ消す。そのかわりに、キミの命を一日ぶんだけのばす」と。
電話、映画、時計……。モノが消えていくたびに、
ご主人さまと結びついていた人の記憶までが失われていくようだ。
そして悪魔は、世界から猫を消すと提案する。
ボクのことなんて消したっていいんだよ、ご主人さま。
100万部突破のベストセラー『世界から猫が消えたなら』が、ついに映画化。
今年いちばん泣けると話題の映画を、キャベツの視点で描いた感動の物語。

『世界から猫が消えたなら』の飼い主の猫のキャベツの視点から描かれたサブストーリー。
原作を元に書いてあるはずなのに、
読んでいたらこんなストーリーがあったかなと思うくらいに
違う裏話があって少し不思議な感覚でした。
猫視点で書かれているのでペットが話せたらこんな風に思っているのかなとも
思えて猫の気持ちも分かった気分にもなり面白かったです。

この本でも原作と同じく生きていく上で大切な言葉が
随所に散りばめられています。
生きていると普段見えないことが沢山ありますが、
大切な人がいなくなったり、
自分の命があと少しということになった時に
本当に自分の大切なものが何かということが
この作品の中で分かります。
今自分がここにいるのが何かの偶然にして色々な人や物と繋がり、
そして自分の世界観が広がっているのだと気付かされ
感謝する気持ちが湧きました。

そして自分の人生と照らし合わせながら、
人生に役立てながら、
自分らしく生きていけたら良いなと思えました。

『世界から猫が消えたなら』と比べると少し全体的にぼんやりとして
物足りないような印象ですが温かみのある作品でした。

渡部和子 置かれた場所で咲きなさい  [作者わ行]


置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

  • 作者: 渡辺 和子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: 単行本


著者について
1927年2月、教育総監・渡辺錠太郎の次女として生まれる。
51年、聖心女子大学を経て、54年上智大学大学院修了。
56年、ノートルダム修道女会に入りアメリカに派遣されて、
ボストン・カレッジ大学院に学ぶ。74年、岡山県文化賞(文化功労)、
79年、山陽新聞賞(教育功労)、岡山県社会福祉協議会より済世賞、
86年、ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞、89年三木記念賞受賞。
ノートルダム清心女子大学(岡山)教授を経て、90年3月まで同大学学長。
現在、ノートルダム清心学園理事長。

内容
著書の経歴や置かれた場所で導かれた数々の言葉が紹介されています。
Bloom where God has planted you.
(神が植えたところで咲きなさい)
「咲くということは、仕方がないと諦めるのではなく、
笑顔で生き、周囲の人々も幸せにすることなのです」と続いた詩は、
「置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです」と告げるものでした。
置かれたところで自分らしく生きていれば、必ず「見守っていてくださる方がいる」
という安心感、波立つ心を静めてくれるのです。
咲けない日があります。その時には根を下へ下へと降ろしましょう。と始まります。
第1章 自分自身に語りかける
第2章 明日に向かって生きる
第3章 美しく老いる
第4章 愛するということ

特にキリスト教を信じているわけではないですが、
どの宗教にでも通じることであったり、
どんな状況に置かれている人でも
自分を見失ってしまった時に
人生をどう生きて、
どう乗り越えていったら良いかのかということの
最低限の心得が書かれていたので、
すんなりと言葉が身体に入ってきた気がしました。

どこかで聞いた言葉も何個かありましたが、
それはやはり人生で生きていくえでは最低限心に秘めておくものだと
改めて思いました。
よく小学生の先生が言っていた
「人が見ても、いなくてもやるべきことはしなさい」とか
「陰日向なくしなさい」というのはこうゆう教えから来ているのかと思いました。

読んでいて参考にすることがり、
身につまされることが多々ありました。
特に第2章からの言葉は心に沁みる言葉ばかりなので、
これから何かつまずいた時などに何度も読み返したいと思っています。

著者のように立派なことは出来ないですが、
この本のタイトルにもあるように置かれた場所で花を咲かせられるように
しっかりと地に根を降ろして地道出来たらと思えました。

小さな積み重ねがていねいにに生きるということに通じるように思います。

難しい言葉ではなく、分かりやすい言葉で書かれているので、
幅広い年齢層に読んでもらるかと思います。

この本を子供の頃から読んでいたらかなり日頃の心構えや
人生観などが変わると思いうので、
特に中学生以上の学生さんが読まれたらこれからの未来に備えて
役立つことが沢山あるかと思います。

若杉友子 長生きしたけりゃ肉は食べるな [作者わ行]


長生きしたけりゃ肉は食べるな

長生きしたけりゃ肉は食べるな

  • 作者: 若杉 友子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/01/24
  • メディア: 単行本


内容は
◎いくら薬を飲んでも、よくならないわけ
◎日本人に肉は合わない
◎現在手に入る卵に栄養はない
◎牛乳は身体に悪い
◎牛乳を飲むとアレルギーがでやすいわけ
◎甘い物を食べるとうつになる
◎電子レンジは身体を毒する
◎白米より玄米のほうが身体にいいわけ
◎パン食をやめてごはん食にしたら10キロやせた
◎お米を食べて体質改善、視力もアップ!
◎スーパーで売っている精製塩は「塩」ではない
◎低体温の人は減塩するな
◎安くて青々としたキャベツには農薬がたっぷり
◎安全なはずの有機野菜も安全じゃない
◎あま~い人工甘味料には要注意!
◎「酢は身体にいい」はウソ
◎日に3度の食事は食べすぎ!
◎白髪が黒髪に大変身!
◎食べ物を変えたら、赤ちゃんができた
◎人工の菌を使って大量生産した納豆が身体にいいはずはない
◎みそは味礎だから飲む点滴。老化防止にもなる
◎ナス科の野菜を食べると腰痛になる
◎野菜サラダより、ゆでた根菜類がいい
◎干物を食べると白髪になり、ガンにもなりやすい
◎パン食は万病のもと
◎キノコ類、モヤシ、カイワレダイコンは食べるな
◎お酒を飲むなら日本酒がいい
◎働き盛りほど一汁一菜を!
◎食べ物を変えれば、口臭や加齢臭も消える!
なとの食事を変えると身体が変わるという食養本。

一応学生時代に食にまつわる勉強を学んだので
それが多少ほど頭にあるので、
ちょっとこの食生活は実践は無理だと思いました。
確かに昔の人の食事は良いとは言われていますが、
肉をいっさい食べないということは無理だと思います。
食べすぎは良くないですが、適量ならば必要不可欠です。

野菜も無農薬や塩も精製されたものは身体に悪い、
砂糖も同じく精製された白いものでない砂糖の方が良い。
こんな食生活は自分の家が農家でない限り出来ないと思います。
普通の人達はスーパーなどでしか食品は買えないし、
このために取り寄せるというのもお金がかさむので出来ないと思います。

無洗米に本当に洗わなくて大丈夫?というのがありますが、
無洗米にどうやら微量にも目に見えないカビが入っているというのです。
無洗米を洗わないで良い米にしてあるのに、
また洗うとなると余計に栄養分が出ていってしまうと思うのですが。
カビが万が一入っていたら、身体に影響が出ると思うので
今頃はその業者が訴えられていると思うのですが。

他にも干物を食べると白髪になり、癌になりやすいとか、
現代人が肉食だから水を飲みたがる理由になるとか。
昔の人は今ほど水を飲まなくても熱中症にはならなかったと・・・
それはお米中心の生活だから水を要求しないというのは
これは現代の気候と気温が昔とは大違いなので、
むしろ水を飲まなければ熱中症で身体に異変を起こしてしまうので
どうかと思ってしまいます。

この本の通りに実践した方で身体が良くなったという事例もいくつかありますが、
それはたまたまその方の体質に合ったと思います。
食に関する役立つ事は様々書かれていましたが、
料理研究家からの観点なので、医学的、栄養学的にはこうだという
統計が出ていないので一概に全部が良いとは思いませんでした。
役立てるところは知識と知っていて良いと思うので、
食養に興味のある方はお勧めかと思います。


HPのYuimiko's MemoriesのGalleryにも本の紹介をしているので、
そちらも良かったら見てみて下さい。
http://happy1996.web.fc2.com/
作者わ行 ブログトップ
メッセージを送る